KUTVニュース

新型コロナ 新たに24人の感染確認

新型コロナをめぐってきょう高知県内で新たに24人の感染確認が発表されました。

新たに感染が確認されたのは10歳未満の女の子を含む80代までの男女24人です。24人はいずれも軽症、もしくは無症状で、6人の感染経路が分かっていません。

飲酒と共にマスクなしでカラオケをしていた客ら7人の感染がきのうまでに確認されている高知市のスナックでは、新たに客1人の感染を確認。このスナックではこれまでに県外の人も含め9人のクラスターとなっています。また、職員と入院患者35人の感染確認が発表されていた高知市の細木病院では新たに職員1人、入院患者2人の感染が確認されました。

県内での感染確認は573人となり、189人が入院が必要な状態です。医療機関には104人が入院していて、重症の患者が3人、中等症が10人となっています。県内で2桁の感染確認の発表は21日連続と感染拡大が続いていることから、県は感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。

県内の感染状況を踏まえ、県医師会は医療提供体制が厳しさを増してきているとして、あす緊急メッセージを出し、県民に理解と協力を求めることにしています。