KUTVニュース

新型コロナ 新たに17人の感染確認

新型コロナをめぐって高知県内で新たに17人の感染が確認されました。このうち、集団感染=クラスターが発生している高知市の細木病院で新たに4人、南国市の南国中央病院で新たに1人の感染が確認されています。

新たに感染が確認されたのは10歳未満の小学生を含む80代までの男女、17人です。感染経路が分かっていないのは3人で、全員、軽症もしくは無症状だということです。クラスターとなっている高知市の細木病院では、新たに4人の患者の感染が確認されたほか、南国中央病院でも入院患者1人の感染が確認されています。

県内の感染確認は合わせて518人となり、入院が必要な人が177人、3人が重症、9人が酸素吸入が必要な中等症となっています。退院した人は13人となっています。

1日あたりの感染確認発表は19日連続で2桁となっていて、県は引き続き、感染防止対策を徹底するよう呼びかけています。