KUTVニュース

新型コロナ 過去最多の36人感染確認

新型コロナをめぐって一日あたり過去最多の36人。高知市の病院ではクラスターも発生し、これまでに県内で感染が確認された人は、400人を超えました。TBS系列で作るJNNのまとめによりますときょう午後5時半現在で全国で一日あたりの過去最多を更新したのは、高知のみとなっています。

新たに感染が確認されたのは20代から80代の男女36人です。感染経路が分かっていないのは12人となっていて、全員、症状は軽いということです。この36人のうち17人は高知市の細木病院の入院患者と看護師らです。入院患者が13人、看護師らが4人となっていて、精神疾患患者の入院病棟でクラスターが発生しました。このほか、看護師2人の感染が確認されていた南国市の南国中央病院では、80代入院患者の、また高知市の高知赤十字病院では、50代女性看護師の感染がそれぞれ確認されています。

きょうまでに県内で感染が確認された人は400人をこえました。現在、159人が入院が必要な状態で1人が重症、7人が中等症となっています。

クラスターが発生した細木病院は先ほど会見を開き、深田順一院長は次のように述べました。

「病院をあげて感染防止に取り組んできた。われわれとしても痛恨の極み」(細木病院 深田順一院長)

細木病院では今年3月、30代の女性職員の感染が確認されたことを受け、院内に対策チームを設置。感染防止対策を徹底する中でのクラスター発生となりました。

クラスターが発生した精神疾患患者の入院病棟には現在26人が入院していて、今回陽性と確認された13人以外は検査の結果、陰性で、職員15人が検査中だということです。

「早く情報公開し、地域の方々と共に病院機能の維持頑張っていきたい」(深田院長)