KUTVニュース

濵田知事「飲食は感染防止策取った店で」

高知県内で新型コロナの感染が広がっていることから、県は新たに「飲食店を利用する際は感染防止策をしっかりとっている店舗を選んでほしい」と呼びかけました。

県内では先月末から新型コロナの感染が急増していて、きのうは、一日当たりで最多となる15人、きょうも16人の感染が発表されています。濵田知事は今の状況を「全国的な第三波が高知にもきた」と捉えていて、対応の目安を「警戒」に引き上げ、会食について「可能な範囲の規模縮小と時間短縮」を呼びかけています。

県の分析では、先月21日からきのうまでに感染した36人のうち、会食やカラオケ、バーでの感染が疑われる人が多いということです。こうしたことから県はきょう新たに、今月16日までの間、「飲食店を利用する際は感染防止策をしっかりとっている店舗を選び、守られていない店舗の利用は控えてほしい」と呼びかけました。飲食店に対しても同様に対策の徹底を求めています。

ところで濵田知事は今月10日に開会する県議会に、10億1200万円の補正予算案を提出することを明らかにしました。重点医療機関で新型コロナに対応するための病床確保など、新型コロナ対策費はおよそ6億円となっています。