KUTVニュース

高知ユナイテッドSC応援弁当 協賛金を贈呈

サッカーJFLで戦う高知ユナイテッドSC。高知県内の量販店では売り上げの一部がチームの活動費になる応援弁当が販売されていて、これまでに集まった協賛金がチームに贈られました。

高知ユナイテッドSCのJFL初シーズンは、16チーム中14位という結果でしたが、終盤はアグレッシブなサッカーでサポーターやファンの心を動かしました。頑張るチームを応援しようと県内の量販店で販売されているのが、高知ユナイテッド応援弁当です。チームのスポンサーであるエースワンが9月から手がけていて、1つ買うごとに10円がチームの活動資金に充てられます。きょうはおよそ3か月の間に集まった協賛金=10万2700円がチームに贈られました。

「去年まで四国リーグ。全国のリーグになったので活動資金がたくさんかかるのでサポートしていただけるとありがたい。応援してくださるみなさんの力だと思ってありがたく思っています。」(高知ユナイテッドSC 武政重和社長)

今月5日からはオフシーズンにもパワーをつけてほしいと土曜・日曜限定で、従来の弁当にタルタルソースがかかった商品が販売されます。

高知ユナイテッドSCの今シーズンの公式戦は、4回戦まで勝ち進んでいる天皇杯のみ。選手たちは気持ちを新たにしていました。

「応援弁当を出してもらって応援されていると改めて思いましたし結果で恩返ししたい。」(栗原純弥選手)

「多くの人の応援や支えで僕たちが活動できているのでありがたい。天皇杯に向けてチームでしっかり戦っていきたい。」(横竹翔主将)

高知ユナイテッドSCは今月13日に茨城県のカシマサッカースタジアムで開かれる天皇杯4回戦で、筑波大学と対戦します。