KUTVニュース

「ケニアの走り教えたい」カリウキ氏が高知で活動へ

全国高校駅伝や、ニューイヤー駅伝への出場経験があるケニア出身の長距離ランナーが高知を拠点に活動することになり、高知市の岡﨑市長を訪問しました。指導なども予定されていて、高知の陸上競技のレベル向上が期待されます。

岡﨑市長を訪問したのは、ケニア出身の長距離ランナー=ジョキ・ジョン・カリウキさんです。ジョン・カリウキさんは1997年生まれの23歳。2013年にスポーツの名門=青森山田高校へ入学し、翌年の全国高校駅伝では、4区で区間優勝。高校卒業後は、新潟県の実業団チーム「セキノ興産」の選手として、元日に行われるニューイヤー駅伝に出場するなど活躍しました。

5000メートルでは13分23秒01という国内トップレベルの記録を持っています。しかしケガの影響で今年5月、実業団を退社。陸上を通じた知り合いがいた高知で新たなスタートを切ることになりました。今後は、高知中央高校の生徒たちをはじめ若手選手を指導しながら、自身も大会出場を目指してトレーニングを行う「プレイングコーチ」として活動するということです。

「速い走りを目の当たりにするのは言葉で言うよりも説得力がある。県記録を遥かに超える記録を持っているので子どもたちに説得力のある走りをしてほしい」(高知陸上競技協会 林繁實会長)

「ケニアの走り、筋トレを教えたい。1万メートル27分台、5000メートル13分20秒を切りたい」(ジョキ・ジョン・カリウキさん)

具体的な活動については、高知陸上競技協会などと話し合っていくということです。