KUTVニュース

新型コロナ 1日あたり過去最多の15人感染確認

一日あたりとしては過去最多の人数です。高知県と高知市は、きょう合同で会見を開き、県内で新たに15人が新型コロナに感染したことを明らかにしました。県内での感染確認は180人にのぼっています。

新たに感染が確認されたのは高知市のほか安芸、中央東福祉保健所管内の15人です。一日あたりの発表としては、過去最多となりました。全員、軽症もしくは無症状で、15人のうち11人は、これまでに感染が確認された人の接触者でした。残りの4人については、感染経路が分かっていません。接触者のうち5人は、きのう感染確認が発表された50代の男性と先月24日に会食をしていたということで、県はこの会食でクラスターが発生したとみています。

また、感染経路が分かっていない4人のうち、50代の男性は、先月16日から22日にかけて、東京に滞在していたということです。

短期間での感染確認が増えたことを受け、きのう県は新型コロナの対応ステージを「注意」から「警戒」に引きあげていて、感染防止策の徹底と共に、会食について、「可能な範囲で規模を縮小し時間を短縮して欲しい」と呼びかけています。