KUTVニュース

ボージョレ・ヌーボーきょう解禁

毎年11月の第3木曜日に解禁されるボージョレ・ヌーボー。フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で9月ごろに収穫されたブドウで、その年のブドウの出来を確かめるために造られる新酒です。高知市のイオンスタイル高知には、赤や白、スパークリングなどのボージョレ・ヌーボー11種類が並んでいます。ワインソムリエの古島さんに、ことしの出来を教えてもらいました。

「一言でいうとチャーミング。フレッシュで肉厚な感じ。フランボワーズのような香り」(イオンスタイル高知 ワインソムリエ 古島孝幸さん)

ことしは雨が少なかったものの品質は例年通りだということで、赤ワインはキャンディーや熟したバナナのような甘い香りが特徴のやわらかな口当たりに。白ワインはレモンのようなさわやかな味わいに仕上がっているということです。コロナ禍の今年は「おうち時間」をより充実させてもらおうと、特設コーナーにはワインに合うチーズや生ハムなどのおつまみのほか、ポインセチアやシクラメンなどの花が一緒に販売されています。

「季節の花とボージョレの香り、美味しい食べ物のトリプルマリアージュを楽しんでほしい。フランスの国旗と一緒。3つのマリアージュができると思います。」(古島さん)

イオンスタイル高知はボージョレ・ヌーボーの特設コーナーを来週いっぱいまで開設する予定です。