KUTVニュース

香りが魅力 土佐ベルガモット収穫

華やかな香りが特徴の柑橘、ベルガモットの栽培を行う高知市春野町の農園で関係者らが収穫を祝いました。

「きょうはここが開園して5年目を迎えようとしています。このかわいいベルガモットも植えてからようやく2回目の収穫ができるようになりました。」(にしごみ 西込浩一社長)

栽培しているのは、およそ60年にわたってみかん農園を営む高知市春野町の「にしごみ」です。香りに魅せられたのがきっかけで、数年前にベルガモットの栽培を始め、「土佐ベルガモット」として2年目の収穫を迎えました。ベルガモットはイタリアなどで栽培されているかんきつ類で、華やかで強い香りが特長です。きょうは取引のある関係者ら30人ほどが招かれ、実を収穫したり、削った皮で香り付けされた紅茶を楽しんだりしました。

「香水みたいな香り。文旦や小夏とまた違う香り。」
「タコス(の店)をしていて柑橘系をよくサルサなどに使うので、高知産のベルガモットで新しく何かできたらいいかなと思っています。」(参加者ら)

今年は台風の被害もほとんどなく、3トンから3.5トンの収穫を見込んでいるということです。

「“香りで呼べるまちづくり”というかたちで春野といえば高知といえば土佐ベルガモットと言えるようなまちにしていきたいと思っています。」(西込社長)

にしごみのベルガモットを使って作られたスパークリング飲料や塩、砂糖などは、インターネットで販売されています。