KUTVニュース

都市対抗野球へ 四国銀行野球部壮行式

今月22日、東京ドームで都市対抗野球大会が開幕します。4年ぶりに高知市代表として出場する四国銀行野球部の壮行式が行われ、ナインは初戦に向け士気を高めました。

壮行式は四国銀行本店で行われました。県野球協会 西村章理事長の挨拶を受け、山元文明頭取が「地域の皆様あっての野球部、行員あっての野球部です。野球ができることのありがたさを部員が感じて、今回の出場につながりました。」とお礼の言葉を述べました。そして、中川毅監督と柴田一路主将に花束が贈られました。四国銀行野球部は1929年創部で、県内でただ一つの硬式野球チームです。今年、四国予選を全勝で勝ち抜き、4年ぶり19回目となる都市対抗野球野球大会出場を決めました。初戦に勝つと2007年の大会で「岩手21赤べこ野球軍団」に勝って以来の2勝目となります。

大会は22日(日)に開幕し、四国銀行は大会5日目=26日(木)に千葉県富里市代表で初出場のハナマウイと対戦する予定です。