KUTVニュース

求職者への職業訓練「ハロートレーニング」とは?

仕事を探している人たちを対象に、高知県などは「ハロートレーニング」と呼ばれる職業訓練を行っています。この「ハロートレーニング」を私が体験してきました。

県やポリテクセンター高知は、求職者が仕事につくための職業訓練を行っていて、電気工事や木材加工などの現場で即戦力となるための専門的な知識を学びます。

またメイクやネイルアートなど美容系の訓練も行っています。きょうは私がネイルアートをしてもらいました。

「わずか10分足らずでできてしまいました。人を喜ばせるすごい技術です。資格取得を目指して、学ぶ人たちもいます。」(尾﨑アナウンサー)

「電気の知識がなくて不安だったが丁寧に教えてくれる。ステップアップして次の職業に生かしていきたい。」(訓練生)

「金属加工を学ぶこともできます。ここでは、アーク溶接=電気溶接が学べます。私工業高校出身でして、溶接の勉強もしていました。これから溶接を習います。」(尾﨑アナウンサー)

指導員から安全に作業する方法を教えてもらった後、およそ6年ぶりに挑戦しました。

「これから溶接で、スマホスタンドを作ります。」(尾﨑アナウンサー)

「完成しました!途中までうまくいったんですが、すこしぶれて穴も開いています。」(尾﨑アナウンサー)

見た目は少し悪いですが、指導員の指導のおかげで強度は十分です。この「ハロートレーニング」で夢を叶えた訓練生もいます。

「形に残る仕事が昔からの夢だった。希望の会社に内定をもらえたのでそこで頑張りたい。」(訓練生)

ポリテクセンター高知では、就職活動中の人だけでなく、職についている人を対象にしたスキルアップ訓練も行っているということです。