KUTVニュース

高知・宿毛市に「だるま夕日」

宿毛湾の冬の風物詩が見られる時期になりました。きのう、高知県宿毛市で「だるま夕日」が現れ、その瞬間を目にした人たちは自然が造り出した芸術のような景色に感動していました。

宿毛市大島から望む宿毛湾です。日が傾いた午後5時過ぎカメラの愛好家がレンズを向けて狙っていたのは「だるま夕日」です。午後5時15分ごろその瞬間が訪れました。太陽の光りが水平線の上に滲み始めます。

「だるま夕日」は大気と海水の温度差で光が屈折するために見られる蜃気楼の様な自然現象です。

宿毛湾の「だるま夕日」は海が穏やかで水平線の上に厚い雲が掛かっていないなど気象条件が揃えば2月ごろまで見られます。