KUTVニュース

高知・四万十市で“だるま朝日”出現

けさの高知県内は12の地点で今季の最低気温を観測するなど冷え込みました。四万十市の海岸では「だるま朝日」が見られました。

サーフィンスポットとして知られている四万十市の平野海岸です。午前6時半過ぎ、空が茜色に染まり、水平線から太陽が姿を見せます。そして太陽が昇りきるころ、少しずつ“だるま”の形になっていきます。「だるま朝日」は大気と海水の温度差で水蒸気が立ち上り、光が屈折して見られる自然現象です。けさの県内は各地で冷え込み、梼原と窪川では3℃台まで下がりました。また、中村で4.3℃、高知市で6.8℃など16観測地点のうち12地点で今季の最低気温を観測しました。

「だるま朝日」は気象条件が揃うと、これからの時期に見られます。