KUTVニュース

ものづくりで南国市の活性化へ 高知・南国市

ものづくりで地域の活性化を図ろうとしている高知県南国市で、ハンドメイド雑貨などを販売するイベントが開かれました。

南国市後免町の商店街で行われた「ごめんteteマルシェ」。このイベントは、「ものづくりで南国市を活気づけたい!」という思いで、南国市地域おこし協力隊が中心となって去年から開いています。今回は、新型コロナウイルス対策として、検温、アルコール消毒に加え会場を2つに分けることで、3密を避けるようにしました。会場には、ハンドメイドの雑貨やアクセサリー、小物を販売する12店舗が出店。ハロウィーンにちなんで、仮装をして来場した人にはお菓子がプレゼントされるなど、会場は休日を楽しむ人たちで賑わいました。

手作りの作品を「制作者の手から、お客さんの手へ」という意味が込められた「ごめんteteマルシェ」。人との距離を保つことが求められている今だからこそ、主催者は手作りの作品を通して、お互いのあたたかさに触れられるイベントになればと、いいます。