KUTVニュース

版画文化の発展へ トリエンナーレ展開幕 高知・いの町

世界有数の版画展「高知国際版画 トリエンナーレ展」がきょう、いの町紙の博物館で開幕しました。

「高知国際版画 トリエンナーレ展」は土佐和紙の振興と版画文化の向上をめざして30年前から3年に1度開かれています。今年は41の国や地域からおよそ1000点の応募があり、審査で選ばれた101点が展示されています。木版や銅版から、写真や絵画をパソコンで編集した作品まで色彩豊かな作品がそろいました。

「高知国際版画 トリエンナーレ展」は、12月26日(土)まで開かれています。