KUTVニュース

高知ファイティングドッグス 11年ぶりの優勝逃す

プロ野球・四国アイランドリーグplusは、シーズン最終盤を迎えています。高知ファイティングドッグスは首位・徳島との直接対決に臨みましたが、最終回に逆転を許し、11年ぶりの優勝を逃しました。

「先発ピッチャーは石井大智!」(場内アナウンス)

首位・徳島との試合で先発のマウンドに上がったのはエースの石井。プロ野球ドラフト会議でNPBから指名を受けるか注目が集まる中、きょうが今シーズン最後のマウンドでした。その石井は、自慢の速球を武器に。2回表と3回表の三振スコアボードにゼロを刻みます。4回ウラ。ファイティングドッグスはランナーを2塁に置いて、6番、大下。ファイティングドッグスが1点を先制します。1点のリードのまま迎えた最終回の7回。サードの悪送球で同点とされます。その後、石井はヒットとフォアボールで2アウト満塁のピンチを迎えます。バッターは1番、福原。踏ん張れなかった石井。高知ファイティングドッグス、11年ぶりの優勝を逃しました。

「チームに勝ちを呼び込めなかったのは残念。(ドラフトは)待つしかできないので、天命を待ちたいと思います。」(高知ファイティングドッグス 石井大智投手)