KUTVニュース

地産地消キャンペーンで抽選会

新型コロナで影響を受けた高知県内の食品産業を応援しようと、高知市に本社がある量販店で県産品が当たる抽選会が開かれています。

抽選会が開かれているのは、県内に11店舗ある量販店のエースワン・エーマックスです。この抽選会は、「食べて!遊んで!高知家応援プロジェクト」の一環で、新型コロナで打撃を受ける県内の食品産業を支援しようと、きょうから3日間開かれています。店内で販売されている野菜や魚、総菜など、キャンペーン対象の県産品を含め、1500円以上購入したレシートがあれば抽選会に参加することができます。景品はすき焼き用の土佐あかうしやマグロの刺身、昆布やカツオの加工品、菓子などすべて県内産の食品です。きょうは買い物客が次々と抽選会に参加していました。

「おめでとうございます」(店員)

「景品に関しましては、すべて高知で作られている、あるいは高知で生産されているものを扱っております。当社としては、高知を応援したいという気持ちがありまして、昔やっていた『ガラガラ抽選会』を今回復活させることになりました。昔やられた人もたくさんいると思うので、ぜひ来てもらってガラガラ抽選会を楽しんでもらえたらと思っております。」(A★MAX一宮店 山村和幸店長)

くじは全店で合わせておよそ3万本が用意されていて、無くなり次第終了するということです。