KUTVニュース

高知市中心部に須崎市アンテナショップ

高知市中心部に須崎市のアンテナショップがオープンしました。「2つの顔を持つ店」として須崎のありのままの魅力を伝える拠点となることを目指しています。

「帯屋町のアーケードのすぐそばにオープンしたのは須崎市のアンテナショップ『まっこと!須崎』です。須崎の文字が目を引きます。」(中川実咲アナウンサー)

けさはオープンを記念して式典が行われ、須崎市からはマスコットキャラクターのしんじょう君も駆け付けテープカットが行われました。「まっこと!須崎」は須崎市などで飲食店を運営する会社「カイエン」がオープンさせました。コンセプトは「2つの顔を持つアンテナショップ」。昼の時間帯は野菜や海産物、しんじょう君グッズなど須崎を代表する特産品を販売しながらランチ営業も行います。夕方5時以降は特産品コーナーを縮小し店全体が居酒屋へと転換します。

「店の奥にはがらっと雰囲気が変わって広い飲食スペースがあります。落ち着いた雰囲気の個室でゆっくり料理を楽しめます。」(中川実咲アナウンサー)

席数は最大で74席。商談会やセミナーの場としても活用してほしいということです。コロナ禍での出発。「まっこと!須崎」という店名には今後への決意が込められています。

「須崎を地元の人間が売り出したいという思いでここが情報発信の場所になったらいいなと思って(オープン)しました。(店名の『まっこと』は)真実と漢字で書くんですけど(須崎を)正直に嘘なく伝えたいという思い。」(カイエン 宮本貴光社長)

「まっこと!須崎」の営業時間は午前10時から午後11時までで看板メニューは鍋焼きラーメンと海鮮丼、ジビエ料理だということです。