KUTVニュース

冬春ナスの出荷本格化 高知・安芸市

高知が生産量日本一を誇る冬春ナスの出荷が本格化しています。高血圧を改善する成分があることが報告されていて、先月、生鮮ナスとしては全国で初めて機能性表示食品に登録されています。

冬春ナスは果肉が柔らかく、どんな料理にも合うのが特長です。

安芸市の植野進さんのビニールハウスでは、今年は台風など天候による影響を受けることなく、順調に育ったということです。

「順調に育っているので大丈夫だと思います。僕はナスが好きなので、作る上で良いナスを作りたいなと思ってその思いを消費者に届けたい。」(生産者 植野進さん)

集出荷場ではカメラを使って大きさや色などを判定し、等級ごとに分けられたあと出荷されています。今年はシーズンを通しておよそ2万トンの出荷が見込まれています。収穫されたナスのうち4割は関東に、県内には1割が出荷されるということです。ナスには高血圧を改善する成分があり、「高知なす」は先月、消費者庁の機能性表示食品に生鮮ナスとしては全国で初めて認定されています。

「機能性表示ということで健康効果についても消費者に理解してもらってナスをできるだけたくさん食べて頂きたいと思います。」(JA高知県 安芸営農経済センター 大谷順之次長)

また動画投稿サイトYouTubeでは、ナスをたくさん食べてもらおうと、生産者らがナスを使ったレシピを紹介する動画が配信されています。冬春ナスの収穫は来年6月末まで行われ、県内の量販店などで販売されています。