KUTVニュース

保育園で不審者への対応訓練

不審者が園に入ってきたことを想定した訓練が高知市の保育園で行われました。どのようにして子どもたちと職員の安全を守るか、参加者は訓練を通して改めて考えるきっかけとなったようです。

園庭で遊ぶ子どもたちに忍び寄る怪しい人物。職員がすぐに不審者を呼び止め、園児たちから遠ざけます。他の職員も子どもたちを室内に誘導し、鍵とカーテンを閉めます。不審者の対応訓練を行ったのは、高知市の鴨部わかば保育園と高知南警察署、地域安全協会などです。今回の訓練は大勢の人たちが園を出入りする登園の時間帯を想定して行われました。園は年に2回ほど不審者対応訓練を行っていますが、参加者は状況をうまくつかめない園児たち全員の安全を確保することや、不審者が暴れるなどした時の対応の難しさを改めて感じたようです。

訓練の後には安全教室が行われ、園児たちは不審な人には近づかず走って逃げることや、近くの大人に助けを求めることなどを学んでいました。

「びっくりしていた子どもたちもいたが普段の訓練通りにできた。対応する職員がきょうは一人だったので、もう少し職員があそこに応援に行けば良かった。不審者との距離が近かったので、保育士の安全を守るということで、もう少し距離をとればよかったと反省しています。」(鴨部わかば保育園 井上艶園長)

高知南警察署は警察官が到着するまでの間、園だけの対応が困難な時は、日頃から、応援を呼べるネットワークを整えておくことが大切だとアドバイスを送りました。

「付近に学校などがあればそこの男性職員を応援に呼ぶとか、施設の男性職員を呼ぶとか、日頃からの連絡体制を作っていくと、地域で守っていくことに繋がる。」「決して不審者を捕まえてやろうとか、抑え込んでやろうとかは考えずに、不審者の要件が正当か見極めて、早期に通報して、子どもと職員の身の安全を守って頂ければ」(高知南警察署 生活安全課宮地隆幸係長)