KUTVニュース

空き家リノベーションで活用へ

高知県内3つの企業が空き家のリノベーションを行いました。高知県は、空き家率が全国一位で、活用に向けた今後のモデルケースとして期待されています。

2018年の国の調査によりますと、県内には39万戸の住宅があり、このうち12.8%が空き家だということです。全国で最も高い割合で、災害による倒壊の恐れなどが課題となっています。さらに、高齢化や人口流出などで年々増加しているのが現状です。

こうした中、空き家活用のモデルケースになればと県内企業の「ダイセイ」と「フタガミグループ」、「高知ハウス」は、共同で築60年以上が経った空き家をリノベーションしました。ダイセイが清掃、フタガミグループが設計と施工、高知ハウスが管理と賃貸を担当。それぞれの専門性が生かされていて、もともとの柱や壁も利用し、解放感のある空間に生まれ変わりました。

新型コロナの影響で、東京などの都市部では、地方への関心が高まっています。3社は今後も、空き家をリノベーションして、移住者に貸し、活用を進めていく方針です。

今月11日には、リノベーションされた住宅の見学会が行われます。