KUTVニュース

観光客をきれいなまちで おもてなし一斉清掃

新型コロナの影響を受け、国のGoToトラベルなどの観光振興策が展開される中、高知県外から訪れた観光客に気持ちよく県内を巡ってもらおうと、高知市などで清掃活動が行われました。

秋のおもてなし一斉清掃は、県が進める高知家おもてなしキャンペーンの一環として、中止となった中土佐町を除く県内33市町村で先月6日から実施されています。このうち高知市ではきょう、中央公園やJR高知駅周辺などで清掃が行われ、県内の企業や団体などからおよそ400人が参加しました。けさは山間部を中心に気温が下がり、最低気温は梼原で8.1℃、窪川で9.9℃など県内ほとんどの地点で今季最低を観測しました。さわやかな秋晴れの下、参加した人たちは除菌液を手にタバコの吸い殻や空き缶などを拾い集めていました。

「3年前から参加。植え込みに木の切れ端がたくさんあってよくないと思ったので、一生懸命拾いました。」

「県外の方を迎えるうえで綺麗なイメージを持っていただきたいのでそのために必要な活動だと思う。」

おもてなし一斉清掃は来月までに各市町村で実施される予定です。