KUTVニュース

高知県警のよさこい動画に群馬の小学校からメッセージ

よさこい祭りを陰で支えている高知県警が、今年もよさこいの情熱を変わらずに届けたいという思いで制作した総踊りの動画。現役警察官が鳴子を手にして踊る姿は、全国ニュースでも取り上げられ、大きな反響を呼びました。動画投稿サイト=YouTubeの再生回数はおよそ2か月で135万回を超えています。そんな中、高知から遠く離れたある県から、県警への応援メッセージが届きました。

9月末。県警本部に届いた荷物に入っていたのは、群馬県伊勢崎市立境剛志小学校の6年生58人からの寄せ書きでした。鳴子の形をした手紙には、「とてもかっこいいよさこいをありがとう」「よさこいを踊って楽しかったです」「コロナで大変だけど頑張ってください」など子どもたちからの手書きのメッセージが添えられていました。

「開けた時の気持ちはおーというか、言葉にならないような感じがありました。一つ一つが書き直しも含めて、しっかり考えて書いてるんだなというところに、ちょっとばかり涙も出るような気持ちになりました」(高知県警総務課 西森達也警部補)

そして、学校のホームページには、子どもたちが総踊りを踊る様子が記録されていました。境剛志小学校では去年初めて、運動会で5・6年生がよさこいを踊りました。今年の運動会は新型コロナで中止になり、そんな中、県警のよさこい動画をニュースで見た教諭が子どもたちに動画を見せると、子どもたちは「今年も踊りたい!」と体育の授業で練習を重ねたといいます。境剛志小学校の橋本教頭によさこいを踊った子どもたちの思いを聞きました。

「子どもたちは、大変に実際に県警の踊りを見たことによって感動して、勇気をもらったと思います。『踊ろう!』というのは二つの意味があったと思うんですよね。ひとつは、わが校の中で行っていた運動会の中で、昨年度披露していたものが披露できなくなったという思いが一つと、もうひとつは、高知県のよさこいが中止になったということの二つの思いがあったので、なおさら子どもたちは今回のことに対して前向きに取り組んだのではないかと思います。」(境剛志小学校 橋本英明教頭)

(Qどんな子どもたちですか?)「非常に活力があって、今年の最上級生たちは明るくていい子たちばっかりです」「こんな状況の中でも、自分たちができることに対して、前向きに取り組んでもらえるきっかけになったと思います。」(橋本教頭)

よさこいがない夏に生まれた特別な絆は全国へと広がっていました。

「もしかしたら、もっともっと広がって、国内、海外の方にもよさこいというもの、高知という魅力自体がもっと広がればいいなと思います。」(西森警部補)