KUTVニュース

ヘアメイク学ぶ学生たちの集大成

美容を学ぶ専門学校生が昨夜、高知市でヘアメイク技術の集大成を披露しました。初めての無観客開催で、ショーの様子はインターネットで生配信されました。

このショーは、龍馬学園国際デザイン・ビューティカレッジ美容総合学科の2年生が、ヘアメイクの技術を披露するもので、20年以上前から毎年開かれています。新型コロナ感染拡大のため、学生たちが出場するほとんどのコンテストが中止となるなか、初めて無観客での開催です。

ショーでは2年生が考えたヘアメイクと手作りの衣装を1年生がモデルとなり披露。ペットボトルでバラやサザンカなどの花をデザインした髪型や。新聞紙や梱包材などで作った衣装。盆栽をイメージした髪型など、趣向を凝らしたさまざまなアイデアが披露されました。

学生らは例年、3か月以上かけてショーの準備をしますが、ことしは接触の機会を減らすため、1か月ほどで準備をしたということです。ショーの様子はYouTubeで生配信され、300人以上が視聴しました。

「なかなかアイデアが浮かばなくて不安だったがなんとか形になって感動した。」(2年生 尾崎健太さん)

「2年生全員で一つのものを作り上げられたのですごくいい経験になった。将来は美容師さんになりたいので、憧れの美容師さんにきょう一歩近づけたと思う。」(2年生 森澤芽衣さん)

2年間の集大成となるヘア&メイクアップショー。コロナ禍で無観客開催となりましたが、学生たちはこれまで磨いてきた技術を精一杯披露していました。