KUTVニュース

高知県黒潮町長選挙 新人2人が立候補

前町長の任期途中の辞職に伴う高知県黒潮町長選挙がきょう告示され、新人2人が立候補しました。

黒潮町長選挙に立候補したのは届け出順に町の元情報防災課長 松本敏郎候補(64)と中土佐町の会社社長 小田々豊候補(65)のいずれも無所属の新人2人です。

松本候補は南海トラフ地震や新型コロナ対策など、危機管理に力を入れるとし、町民と一緒に災害に強い町づくりを進め、産業の振興や地域福祉の充実を図るなどと訴えています。

小田々候補は人口を増やす政策やIT技術を活用した産業振興、また、自主財源を増やすといった財政改革を掲げていて、黒潮町を日本一元気な町にしたいなどと訴えています。

立候補の届け出は午後5時で締め切られ、新人2人による一騎打ちの選挙戦が決まりました。投票は来月4日に行われ、即日開票されます。