KUTVニュース

中土佐町で見つけた秋の味覚

本格的な「食欲の秋」の訪れです。この季節にぴったりな秋の味覚を高知県中土佐町で探してきました。

まず訪れたのは久礼大正町市場です。市場に入ってすぐの青果店には、梨やぶどう、松茸の仲間の早松など、秋の味覚がずらりと並んでいます。

「きのうおとついから生え始めた早松、地元の早松と、やっぱりこの水晶文旦、それから新高梨がちょっと遅れているので、あと1週間から10日くらいしたら新高梨に変わります、これがうちの一番売れどころ。」(松沢青果店 松沢章夫さん)

その中には栗も並んでいます。今年は長雨や台風の影響でとれる量が少ないといいます。

「今年は栗がちょっと少ない。農家さんに聞いたらぽたぽた木から落ちたと。量は去年からいうと少ない。味は満点。」(松沢青果店 松沢章夫さん)

久礼大正町市場には、新鮮な魚を求めて県内外から大勢の人が訪れます。きょうもシーズンが終わりに近づいたメジカの新子を食べようと、鮮魚店には行列ができていました。

鮮魚店の店主によりますと、今はメジカの新子と戻りガツオの両方が楽しめる時期だということです。

「戻りガツオも今年は順調に、1週間くらい前から取れ始めてまだシーズンの入り口だからこれから油がどんどん乗り始めていくところだけど量は安定してます。」(田中鮮魚店 田中隆博社長)

また、今年ならではの思わぬ影響もあるといいます。

続いてはスイーツです。道の駅なかとさにあるこちらのカフェでは、秋の味覚をふんだんに使ったケーキが販売されています。中でもこちらの「秋のごろごろタルト」は、栗やサツマイモ、カボチャが「ごろっと」入っていて、ほくほくとした食感が楽しめます。季節限定のケーキは11月ごろまで販売される予定です。

中土佐町では、秋に久礼八幡宮で祭りが開かれ、大勢の人が訪れます。中でも巨大な松明を運ぶ行事が有名ですが、今年は新型コロナのため中止に。祭りは境内の中での神事を中心に行われ、粛々とした秋になりそうです。