KUTVニュース

9月高知県議会開会 306億円あまりの補正予算案

高知県議会9月定例会が開会しました。県は新型コロナの感染予防対策や、各分野でのデジタル化の推進を中心とした306億円あまりの補正予算案を提出しました。

県議会に提出されたのは306億8400万円の補正予算案です。このうち新型コロナ対策費はおよそ200億円で、検査協力医療機関への手当や高齢者のインフルエンザ予防接種の無償化など、感染予防、拡大防止におよそ115億円。中小企業や教育分野、観光関連企業のデジタル化を中心とした経済対策におよそ75億円が計上されています。

「事業の継続と雇用の維持、経済活動の回復、社会の構造変化への対応という3つの局面に対応し生活が困窮している方への生活福祉資金貸付金などを拡充するほかあらゆる分野におけるデジタル化を推進するとともに今回の事態を契機とした地方への新しい人の流れを本県へ呼び込めるよう施策を強化していく」(濵田省司知事)

このほか濵田知事は4月、5月に観光施設の利用者が9割ほど減少したことや、コロナ禍で自然が多い地域への観光のニーズが高まっていることを踏まえ、現在行っている観光キャンペーン、「リョーマの休日」を再来年=2022年の3月まで延長する方針を示しました。県議会9月定例会は来月15日までで、今月30日からは一般質問が行われます。