KUTVニュース

“トラベル”に”イート”GoTo 高知県内の反応は

きょう、東京では新たに220人の新型コロナ感染が確認されました。一方で、政府の観光振興策「GoToトラベルキャンペーン」をめぐり、対象から除外されていた東京を発着する旅行について、赤羽国土交通大臣は予定通り来月1日から開始すると発表。正午から予約の受付が始まっています。また、県内では、11月から本格的にスタートする「GoToイート」キャンペーンの登録店舗の募集が始まりました。

「(事業者には本日の)正午から販売を開始していただきますことをお知らせしたいと思います」(赤羽一嘉国交相)

赤羽大臣はけさの会見で、「GoToトラベル」キャンペーンの対象に追加する予定の東京発着の旅行について、予定通り10月1日から開始することを発表しました。きょう正午から予約の受付が始まっています。今後、東京のキャンペーンへの追加が延期されたり、再び除外されたりする場合のキャンセル料については、国が補償するということです。また、仮に東京以外の地域で感染状況が悪化し、キャンペーンから除外された場合も、その地域発着の旅行についてのキャンセル料を同様に補償するということです。東京と高知を行き交う人が増え、観光・経済の活性化が期待されていますが、まちの人の反応は…

「私は行きたいとは思わない、怖いので。人が来ることで経済がまわる、必要な政策なのかもしれない。」(県民)

「私東京から来たんで今更感が。メリットがない気も」(東京都民)

「対象の方が『東京から』って言えると思う」
「何かあっても解決しやすいかな」
「正直心配、子どももいるし」(県民・家族連れ)

とさでんトラベルによりますと午後4時現在、東京発着の旅行の予約はいまのところなく、東京が追加されたことに伴う新たな旅行商品の販売は感染状況を踏まえ、予定していないという事です。

一方、飲食業の支援策「GoToイート」キャンペーンをめぐり、県内でもきょうから登録飲食店の募集が始まりました。県内での食事券の発行総額は62億5000万円。発行数はすべて500円券で合わせて1250万枚となっていて、購入額の25パーセントが上乗せされます。登録された飲食店だけで使用可能で、例えば4000円で購入した場合、1000円が上乗せされた5000円分の食事券が提供されます。県内で利用できる食事券は、県内や東京のファミリーマートと県内25か所の商工会・6か所の商工会議所で購入できます。登録飲食店の募集はきょうから始まっていて、高知商工会議所のホームページに募集要項や申込書が掲載されています。県や高知市のガイドラインに基づいた感染防止対策をとっていることなどが、参加の条件となっています。食事券の販売期間は、11月2日から1月31日まで、利用期間は、11月2日から3月31日までです。

「GoToトラベル」「GoToイート」が、社会経済活動再開の追い風となるのでしょうか。