KUTVニュース

ゆうちょ銀行提携決済事業者の入金など停止へ

電子決済サービスを使って銀行の預金が不正に引き出された問題を受け、四国銀行と高知銀行は提携している決済事業者について、入金と新規の口座の登録をあすから停止すると発表しました。

ドコモ口座をめぐる預金の不正な引き出しについて総務省はきのう、「ゆうちょ銀行」と提携している決済サービス「PayPay」などでも同じような被害が確認されたと発表しました。

これを受け、四国銀行はセキュリティを強化する作業に入るため、あすから、「PayPay」「楽天Edy」など、提携している決済事業者7社についてチャージ=つ入金と新規の口座の登録を停止すると発表しました。また、高知銀行もあすから、決済事業者4社について、チャージと新規の口座の登録を停止するとしています。

高知銀行、四国銀行ともに再開のめどは立っておらず、今のところ、不正な利用は確認されていないということです。