KUTVニュース

高知ファイティングドッグス選手がグッズ訪問販売

高知ファイティングドッグスの選手たちがあすからのホーム3連戦を前に、県庁でグッズ販売を行いました。

選手たちによるグッズの販売は、大勢の人たちに試合を見てもらいたいと毎年シーズン開幕前に実施されます。しかし今年は新型コロナの影響でおよそ半年遅れのきょう行われました。恒例の出発式は中止となりましたが、監督を含めた31人は、5つの班に分かれ県庁などを訪問。チームオリジナルのカレーやキャップ、タオルなどを販売しました。選手たちの積極的なPRで商品は勢いよく売れていました。

「高知で頑張っているので、応援したいという気持ちで購入しました。こういう状況で観客数も少ないと思いますが、頑張ってほしい。」(女性)

去年のグッズ販売ではおよそ100万円を売り上げた高知ファイティングドッグス。売り上げはチームの運営費に充てるということです。

選手たちは県庁のほか、テレビ高知など県内企業も訪問しました。握手を求められたのは、3年目の石井大智投手。笑顔でサインにも応じるなど、試合の時とは違った穏やかな表情でグッズを販売していました。

石井投手は、秋田県出身の23歳で、150キロを超えるストレートが持ち味です。今シーズンここまで、10試合に登板し5勝3敗、防御率1.90。74の三振を奪うなど安定したピッチングを見せていて、NPB球団からも注目されている選手です。

ファイティングドッグスはあすから高知市野球場でホーム3連戦。午後6時プレーボールで、香川オリーブガイナーズと対戦します。