KUTVニュース

空と陸連携で水難救助訓練

海水浴場での水難事故を想定し、警察と消防がきのう、合同で救助訓練を行いました。訓練にはヘリコプターも出動し、急きょ小学生たちが見学する姿も見られました。

救助訓練は10日、高知県香南市の海水浴場=ヤ・シィパークで行われ、南国警察署と県警航空隊、香南市消防本部からおよそ50人が参加しました。

ヤ・シィパークでは去年8月、海水浴をしていたとみられる60代の男性が亡くなる事故が起きています。大切な命を守るため、全員が連携していかに迅速に救助できるかが訓練のポイントです。

訓練は、「海水浴をしていた男性が離岸流に流された」という想定で行われました。ヤ・シィパークの上空に飛来した県警のヘリコプター「くろしお」が、ホバリングしながら流された人を探します。陸からは消防隊員が救助に向かい、空と陸、違う機関同士が連携しながら迅速に救助します。

訓練を終えた県警のヘリがヤ・シィパークに着陸すると、地元の夜須小学校の3・4年生が見学に訪れました。社会科の授業で警察と消防の仕事について学んでいて、県警航空隊の計らいで、急きょ、訓練を見学することになりました。

機内に乗せてもらったり間近で機体を見学したりした児童達。貴重な体験ができたようです。

「どれくらいの高さまで飛べる?」(小学生)
「高さは…だいだい6000mくらい。富士山より少し高いくらいまで飛んでいけます」(航空隊長)

その後、訓練が再開されました。県警航空隊から消防隊員が説明を受け、ヘリコプターの設備や運用方法などについて情報を共有します。

「ここにレールが2本あって、ここに沿って担架が入る。その担架を外に出して、ストレッチャーから(搬送者を)積み替えてそれを皆さんでここ(ヘリ)に入れてもらうことになります」

また、ボートだけを使って流された人を救助する訓練も行われました。南国警察署管内では、海水浴場や広い河川敷、登山スポットなど年間を通して屋外のレジャーを楽しめる場所が多く、こうした訓練での連携強化が重要となります。

「警察と消防、県警の航空隊、それぞれが違う部署になる。それらが連携して適正かつ迅速に的確に対応できる、これの連携を取ることが最大の目的。そういった意味で十分 意義のある訓練だったと思います」

警察と消防は今後も、こうした関係機関同士での訓練を継続し、引き続き連携を強めていく方針です。