KUTVニュース

高知県黒潮町で記録的大雨 土砂災害に警戒

前線や湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定になり、高知県内では局地的に猛烈な雨が降りました。黒潮町ではけさ1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったと見られ、記録的短時間大雨情報が発表されました。

黒潮町では6地区に避難指示が出されています。気象台はあす明け方にかけて土砂災害や低い土地の浸水に厳重に警戒するとともに河川の増水などに警戒するよう呼びかけています。

前線や湿った空気の影響で県内では大気の状態が非常に不安定となっていて、けさから局地的に雷を伴った猛烈な雨が降っています。

黒潮町ではレーダーによる解析で午前8時までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったと見られ、記録的短時間大雨情報が発表されました。

また四万十町窪川では午後2時前までの1時間に81.5ミリの猛烈な雨、13時51分安芸で午後3時前までの1時間に9月の観測史上最大となる72ミリ、14時50分高知で午後0時40分ごろまでの1時間に52ミリの12時39分非常に激しい雨を観測しました。四万十町と黒潮町には5段階の大雨警戒レベルのうち上から2つ目に相当する土砂災害警戒情報が発表されています。黒潮町では土砂災害の危険性が高まっているとして町内の不破原、伊与喜、熊井、藤縄、上分、坂折地区に避難指示が、15地区に避難勧告が出ています。特に佐賀北部地域では付近を流れる伊与木川が増水し、土砂災害や河川の氾濫への厳重な警戒が必要です。

高知市仁井田の木材団地では非常に激しい雨の影響で道路が冠水し、通行する車が水しぶきを上げながらゆっくりとしたスピードで進んでいました。

交通機関への影響です。JR四国では大雨のため午前9時ごろから須崎-窪川間で運転を見合わせています。

土佐くろしお鉄道は窪川-中村間のすべての列車の休止を決めました。ごめん・なはり線は一時全線で運転を見合わせましたが、午後5時すぎに運転を再開しました。

現在、大雨警報が宿毛市、四万十市、中土佐町、四万十町、大月町、黒潮町に洪水警報が宿毛市、四万十市、中土佐町、四万十町、大月町、三原村、黒潮町に発表されています。きょう予想される1時間雨量は多いところで全域で70ミリ、あす午後6時までの24時間雨量は全域で200ミリと予想されています。

気象台は土砂災害・低い土地の浸水に厳重に警戒すると共に河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。