KUTVニュース

カシオワールドオープン 今季は中止に

毎年11月に芸西村で開催している男子プロゴルフツアー「カシオワールドオープン」。今年は新型コロナ感染拡大のため、大会を中止することが決まりました。中止となるのは、大会が始まって以来初めてです。

毎年11月下旬に芸西村のKochi黒潮カントリークラブで開催している男子プロゴルフツアー「カシオワールドオープン」。賞金総額2億円、優勝賞金4000万円のビッグトーナメントで、賞金王争い、シード権争いが見どころの大会です。40回目の節目となる今年は11月26日から29日までの4日間の日程で開催を予定していましたが、新型コロナ感染拡大を受けて、今年の開催を中止することが決まりました。大会が始まって以来、中止となるのは初めてです。大会事務局は、「開催に向けて慎重に検討を重ねてきたが、ギャラリー、選手、ボランティア、大会関係者の安心や安全の確保を最優先に考え、この判断に至った」としています。主催者のひとつで、会場のKochi黒潮カントリークラブを運営する黒潮観光開発は、大会を中止したことについて。

「(大会にかかわる人たちの)安全が守れるかと考えた場合、なかなか今年の開催は難しいのではないかと思っていた。カシオ計算機も同じような考えで、やむなく中止となった。」(黒潮観光開発 川添和尊社長)

Kochi黒潮カントリークラブは、来場者の半数を県外客が占めています。新型コロナの影響で4月・5月の来場者数は前年に比べ大幅に減少しましたが、今は前年の7割ほどまで回復しています。川添社長は県外にアピールできるこの大会の存在は大きいと話します。

「全国に放送される大会なので、カシオの開催コースでプレーしたいという客が全国から来てくれている。年間4万人以上の県外客が来てくれているので、県観光についてもかなりのインパクトがあると自負している。中止によって県外客が戻ってきてくれるかどうか心配。」(川添社長)

大会中止を受けて、濵田省司知事は。

「選手、ギャラリーなどの安全を最優先に判断した結果だと思う。本来なら40回目の大会で楽しみにしていたので、そういった意味では中止は大変残念だが、やむをえないと受け止めている。県民も楽しみにしているし、県外からもたくさんのギャラリーが来るとなると、地域の消費を盛り上げていくという意味でも大きな効果があると期待したので、そういった意味では残念。」(濵田省司知事)

日本ゴルフツアー機構によりますと、カシオワールドオープンには、高知に会場を移した2005年以降、最も多い年で、2万人を超えるギャラリーが来場。平均すると、毎年およそ1万5千人が訪れているということです。新型コロナの感染状況にもよりますが、主催者は、「来年の40回大会は、万全の対策で迎えられるよう準備し、これまで以上に盛り上がる大会にしたい」としています。