KUTVニュース

高知県 PCR医療検査機関は来週公表

かかりつけの医療機関でも受けられるようにと準備が進められているPCR検査について、濵田知事は協力医療機関を来週中に公表することを明らかにしました。

高知県はこれまでPCR検査のための検体の採取を、帰国者接触者外来で行ってきましたが、県民にとってより気軽に受けやすい体制を整えようと、一般の医療機関に協力を呼び掛けています。濵田知事はきょうの定例会見の中で「現時点で89の医療機関が手を挙げている」と説明しました。

「のびのびになっていましたがなんとか来週のうちには早い地域では少なくとも具体的な検査協力医療機関の名前を公表させて頂きたいと準備を進めるようにしています。」(濵田知事)

医療機関の名前は県のホームページ上で公表されます。県は引き続き検査協力医療機関を募る方針です。

また、濵田知事はきのう大阪で初会合を行った関西との経済連携に向けた『関西戦略』について言及。「アフターコロナ、ウィズコロナの時代の大きな特色は都市部への一極集中に限界が来ていることだ」として、「今こそ高知の良さを広く知ってもらうべきときだ」と話しました。