KUTVニュース

連日の猛暑もきょうで区切り?

連日の危険な暑さはきょうで一区切りとなりそうです。高知県内ではきょうも5地点で最高気温が35℃以上の猛暑日となりました。こんな中、香南市の海水浴場では訪れた人たちが海水浴を楽しんでいました。

各地の最高気温は四万十市江川崎で36℃梼原と本山で35.8℃、四万十市中村で35.4℃など16観測地点中5地点で猛暑日となりました。高知市の最高気温は34.7℃。連続猛暑日は6日でストップしましたが、暑い1日でした。この暑さの中、香南市のヤ・シィパークでは、午前中から家族連れらが海水浴を楽しんでいました。訪れた人たちは、パラソルを借りるなどさまざまな暑さ対策をしていました。

「もうどこへ行っても35℃を超えますし、特に対策は、水分は持っていますし、そういう程度ですね、それと傘、日傘とか。」(孫と来た人)

「きょうは割と涼しいかな、35℃か4℃、朝見た感じでしたので、けど暑いですね、今は海に入ったので涼しいです。」(若者)

今年は海開きを中止する海水浴場もあるなど、新型コロナは夏のレジャーにも影を落としました。訪れた人たちも例年とは違う夏の過ごし方になったようです。

「まだ娘が今年海水浴してないので、ちょうど私が休みだったので、それで連れてきましたそんなに出かけてないですね、やっぱりコロナウイルスの影響でしょうか、そんなに去年に比べたら出てないですね、やっぱりまあなるべく人ごみのないようなところ、密にならないようなところに出かけています。」(親子連れ)

気象台によりますと、あす以降は天気が崩れ、来週は気温が平年並みか平年より低くなる日がありそうです。ただ、予想最高気温は30度以上となる日が続く見込みで、引き続き熱中症への注意が必要です。