KUTVニュース

高知県黒潮町長がわいせつ行為で辞職

高知県黒潮町の大西勝也町長が女性にわいせつな行為をしたとして、きょう、辞職しました。南海トラフ地震、新型コロナなど様々な政策を実行してきた大西町長は、自らの行為で町長が不在となったことについて陳謝。一方、町民からは驚きと戸惑いの声が聞かれました。

大西勝也町長は、今年、県内の飲食店で女性や知人らと酒を飲みながら会食。その後、自家用車のなかで女性の体を触るなどのわいせつな行為をしたということで、きのう、辞意を表明していました。黒潮町でけさ開かれた臨時議会では、大西町長の退職についての議案が提出され、全会一致で可決。大西町長のきょう付けでの辞職が決まりました。

大西町長は議会閉会後、記者会見を開き、改めて陳謝しました。

この後、大西町長は経緯を説明しました。しかしわいせつ行為を行った時期などについては「相手の女性の特定につながる。」として明かしませんでした。

2010年4月に初当選した大西町長。全国で最も高い34mの津波高の想定が出されたこともあり、南海トラフ地震対策を中心に様々な政策に力を入れてきました。新型コロナの対策も必要な中、町政のトップが不在となる「辞職」という選択をしたことについては。

町民から様々な功績があがるなか、自らの行為で町長不在という事態を招いてしまった大西町長。後任の町長選挙は50日以内、10月8日までの間に行われ、それまでの間は副町長が職務代理者となります。