KUTVニュース

オーテピアは臨時開館

よさこい祭り期間中は図書館が休館となる高知市のオーテピア。今年は祭りの中止を受けて臨時開館していて、館内ではよさこいの雰囲気を感じてもらおうという展示も行われています。

本来であればよさこい祭り期間中の4日間は休館となるオーテピア高知図書館とオーテピア高知声と点字の図書館。毎年8月に行う蔵書の点検を4月10日から1か月休館した時に行ったことから、今年は臨時開館しています。入館者数は去年の同じ時期と比べて、7割~8割ほどに減っているということですが、きょうは朝から大勢の人が訪れていました。

「普段は演舞場に近いから、開けてしまうと道が危ないですし、出入りもできませんけど、自粛で退屈な時に本が読めるのはいいから、開けてもらえてよかった。」
「涼めるというのもあるので、よさこいがあっても開けてほしい。きょうは読書感想文用の本を借りに来ました。」(来館者)

中止となったよさこい祭りの雰囲気を少しでも味わってもらいたいと、図書館ではよさこいに関する展示が行われています。県内の写真家が撮影した去年のよさこい祭りの写真200枚以上をはじめ、各競演場・演舞場のメダルなどが展示され、例年の高知の夏本番を感じ取ることができます。

また館内ではおとといから「新しいオーテピア生活」と題して、感染予防対策を短い文言とイラストでわかりやすく呼びかけています。きょうは高知大学医学部付属病院がん治療センターの小林道也センター長が、濵田知事に新型コロナとがんについて解説。センター長はがん患者が抱える新型コロナへの不安や気を付けることを説明した後、県内にがんの相談窓口があることや、9月にオーテピアで相談会が開かれることを県民に知ってもらいたいと濵田知事に伝えました。解説を受けた知事は「さまざまな関係機関と連携しているオーテピアには、今後も情報提供の場として機能し続けてほしい。」と話していました。

「多くの親子連れでにぎわう高知みらい科学館。今ひときわ注目を集めているのが、アカウミガメの水槽です。子ガメが3匹元気に泳いでいます。」(中元翔一アナウンサー)

子ガメ水槽の展示はウミガメの研究・保護を目的に活動する高知大学のウミガメ同好会が新型コロナで活動の場が少ないことから高知みらい科学館に依頼し、今月1日から始まりました。高知が全国有数のアカウミガメの産卵地であることや、ウミガメを取り巻く問題を知ってもらいたいという思いが込められた展示です。

「海で見るカメは大きいじゃないですか。小さくてかわいいなと思いました。夏休みなど休みの時によく来ます。勉強しに。」
「カメのお腹にビニール袋などが紛れ込んで、命を落としていることは知っていました。ごみをなるべく少なくしてビニール袋が有料化されたので、マイバッグを使おうと思っています。」(来館者)

臨時開館となっているあさってにかけてオーテピア高知図書館と声と点字の図書館は午後8時まで開館、高知みらい科学館は通常通り午後6時まで開館しています。