KUTVニュース

3連休最終日 高知県内観光地は

最長で9連休となるコロナ禍のお盆休みを迎えています。三連休最終日のきょう、県内の観光地には、県外観光客の姿が目立ちました。

人気の観光地、高知市=桂浜の駐車場には、県外ナンバーの車が多く見受けられました。夏休みに入り、家族連れで観光を楽しむ人たちの姿が目立ちました。

「大阪から。カツオを食べたくて。できるだけ人が少ないところに行こうかなと思っています」(大阪から)

「むしろこっちが持ち込んじゃいけないなと思って。(Q.感染対策は?)手洗い、アルコール消毒を。アルコールは持ち歩いています」(千葉から)

新型コロナウイルスの影響で一時、客足が遠のいていた桂浜水族館の入館者数は、去年の同じ時期の8割程にまで回復。徐々に客足が戻っていると言います。

「(客は)例年に比べると少ないですが、コロナの中でもたくさんの方が来てくださっています。『やっとこれた!』と言ってくださって、やはりこういう時期・時代ですがそういってもらえると励みになる。より一層皆さんの命と自分たちの命を守りつつ楽しく営業していきたい」(桂浜水族館 森香央理さん)

一方、土佐清水市に先月オープンした足摺海洋館「SATOUMI」には、午前9時の開館を前に行列が出来ました。職員は入る人数を制限して随時、館内に誘導し、入り口ではアルコール消毒や検温を行うなど新型コロナ対策をとっています。訪れた人達は水槽の魚や生き物たちに釘付けの様子。水中を泳ぎまわるユーラシアカワウソは時折、水面に顔を出して愛らしい表情を見せます。

「顔、撮れた!」
「眼がかわいい、ふふふ。」

大水槽で悠々と泳ぐシノノメサカタザメにも注目が集まります。

「大きいサメ!」(男の子)

また天井がガラス張りの水槽では、ゴマサバの群れなどが頭上を泳ぎ、迫力満点です。

「思ったよりたくさんの種類の魚がいて楽しかったです。」
「クラゲがきれいでした。」(愛媛から)

「楽しかった。」
 Q.好きな魚は?
「深海魚とか熱帯魚とか。」
「中々、色んな所にコロナで行けないので県内でと思って来たんですけど良かったです。」(高知市から)

足摺海洋館によりますときのうまでの2日間で5114人、きょうは午後2時までで2000人余りの入館者があったということです。