Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

KUTVニュース

液体ガラスとは?講演会

燃えない!汚れない!傷まない!そんな木材を実現する魔法のような水を紹介する講演会が高知市で開かれました。

水性ペンで落書きをした木の板をタオルで拭くと・・・落書きが消えました!

実はこの板液体ガラスという特殊な素材でコーティングされているんです。

液体ガラスは東京の製造メーカーニッコーの塩田政利社長が2010年に開発した素材です。微粒子状のガラスを特殊な方法で液体にしていて、この液体ガラスでコーティングされた木材は燃えたり、汚れたり、傷んだりしにくくなるという夢の木材に変身します。

液体ガラスは広島の厳島神社や京都の伏見稲荷の鳥居を保護するために使われているということで、きょうは県内の建設会社の経営者らおよそ40人が、液体ガラスの性能を体験しました。

県の土木部住宅課によりますと県内では古民家を再生する時に建材の保護などで活用が期待できるということです。