KUTVニュース

JR入明駅 志の龍馬像建立

観光列車の運行開始に合わせ、高知市のJR入明駅に新たに龍馬像が設置されたほか、駅の愛称も設定されました。その名も「志の龍馬駅」。坂本龍馬の偉業と志を、受け継いでほしいという思いが込められています。

高知市のJR入明駅では、新たな龍馬像の除幕式が行われました。観光列車「志国土佐時代の夜明けのものがたり」の運行開始に合わせて設置された像で、JR四国の半井会長は、「新たなシンボルになってほしい」とあいさつしました。設置された龍馬像は高さが3.8メートル。両手を勢いよく広げています。像を作った造形家の平地正利さんは「何でも受け止める大らかさを表現した」と話していました。

また入明駅には像の設置に合わせて愛称も設定されました。その名も「志の龍馬駅」。駅の名標も一新されています。駅の近くには学校が多いため、若い世代が多く利用するということもあり、龍馬の志を継いでほしいという思いも込められています。