Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イブニングKOCHI

番組情報
番組名

イブニングKOCHI

放送時間
月~金 ごご6時15分
番組紹介

今日一日の高知の出来事はイブニングKOCHIから

友だち追加

耕作放棄地にシャクヤク まもなく見ごろ

わずか33世帯が暮らす山あいの地域で、シャクヤクの花が間もなく見ごろを迎えようとしています。花の華やかさに負けないくらい笑顔や笑い声が溢れる場所にしようという地元の人や若者たちの思いが込められています。

「大豊町八畝(ようね)に来ています。この場所からは、棚田と向こう側に怒田地区を見渡すことができます。緑が豊かで、見事です。」(中川実咲アナリポート)

大豊町八畝は、33世帯が暮らす山あいの地域です。(平成31年4月末現在)

豊かな自然の中での暮らしを求めて町外から移住してくる人もいて、最近では海外の高校生の修学旅行先としても人気の場所です。

「この辺り一帯は元々、耕作放棄地だった場所です。それをここ5、6年ほどの間に地元の人と大学生が協力して土地を耕し、シャクヤクを植えました。今年も大ぶりの花を付けていてぱあっと心が華やぐような場所になっています。」(中川アナリポート)

シャクヤクは、地域の人たちでつくる「大豊シャクヤクの会」のメンバーと高知大学の学生らが植えました。株分けするなどして数を増やしていて、種類も今では数え切れないほどになっているということです。

今はまだ咲き始めで、ツボミが多く見られる八畝のシャクヤク。間もなく見ごろを迎え、今月いっぱいは楽しめそうだということです。あさって18日土曜日にはシャクヤクと一緒に演劇を楽しむイベントが行われる予定です。シャクヤクの花を摘みながら山あいを散策し、劇団が披露する演劇を楽しむ内容になっています。

「笑顔が一番えいね。『よかったね』『きれいだね』と言ってもらうのが気持ちいい。大きな声でもいいからワイワイとにぎやかにやってほしいと思います。」(大豊シャクヤクの会 大谷一夫さん)

詳しくは、090ー3624ー2251までお問い合わせ下さい。