KUTVニュース

高知県須崎市出身アーティスト 人生をアートに!初めての作品展

高知県須崎市出身のアーティストが自身の感情や経験を表現したアートの作品展が高知市で開かれています。

高知市のファウストギャラリーで開かれている作品展「FIRST EXHIBISION」。服やかばん、スーツケースなどさまざまなものに絵の具や油性ペンなどでペイントを施したアート作品が並んでいます。

作品展を開いているのは須崎市出身のアーティスト、Marchyさんです。幼い頃から独学で絵を描き続け、2年前から本格的にアート作品を制作するようになりました。今年2月には活動の拠点を東京へと移す予定で、生まれ育った高知で最後の思い出を作りたいと初めて作品展を開きました。

こちらはMarchyさんが描く代表キャラクターのQueenで自分自身を表現した作品です。重度のアトピー性皮膚炎に長年悩まされた過去を描いています。

「水色やピンクは鮮やか。黒が入っていてはかなさを感じる。」(中元アナウンサー)

「幼い過去を振り返って掻きたくて止められない。雑念や残酷なことが入りまざった感情を表現しようと思ってQueeNを使って描いた。」(Marchyさん)

「こちらは陰と陽がはっきりした作品ですね。」(中元アナウンサー)

「(人間は)いろんな感情が混ざり合っているなと思って、それを絵で表現したら面白いんじゃないかなと思った。始めは絵だけだったんですけど実際に人間を作りたいと思って、マネキンを借りて作った。こちらは英語でネガティブ。こちらはポジティブな言葉を書いた。人間は完璧じゃないというのを表現しようと思って描いた。」(Marchyさん)

これまで出会った全ての人・もの・場所がアートのヒントになってきたというMerchyさん。今回の作品展を1つの「集大成」と位置づけています。

「感じたものなどを絵に表すことによって自分を知ることですね。作品を見て自分を表現することの素晴らしさを感じてほしい。」(アーティスト Mercyさん)

作品展「FIRST EXHIBISION」は今月16日(日)まで開かれ、15日と16日の午後1時からは、「2022年の野望」と題したMarchyさんのスピーチが行われる予定です。