KUTVニュース

メディア芸術祭 13日に開幕 テーマは「つながり」

文化庁が認めた優れたアートやアニメーションを展示する「メディア芸術祭」の巡回展が、13日から初めて高知県内で開かれます。

「文化庁メディア芸術祭」は文化庁が認めた優れたアート作品などを展示する催しで、今回、巡回展が高知で初めて開催されます。巡回展では開催する地域に合わせたテーマが決められています。高知展では「つながり」をテーマに、42点の作品が展示されています。

会場ではアニメーションの資料などの展示のほか、デジタル技術を駆使した作品を実際に体験することもできます。

紙にペンで描いたイラストにタブレットをかざすと・・・

イラストが飛び出して動き始めました!

こちらは高知会場の特別展示で、大量の植物図データを取り込んだAIが、新たな植物を描いていく作品です。隣には牧野富太郎博士の植物図も展示されていて、過去と未来の植物図を対比して見ることができます。

高知ならではのテーマとして、特に「食」と「踊り」、「植物」を取り上げた今回の展示。このうちの「食」については、アイヌ文化を取り上げた人気マンガ=「ゴールデンカムイ」の、「食」にまつわる複製原画や資料も展示されています。

「高知だからこそ思いついた、繋げたテーマなのでぜひそういった高知だからこそ生まれたメディア芸術という観点で、皆さんにも親しみを持ってもらえるような入り口を作っているので、ぜひ高知の皆さんに見てほしい」(文化庁メディア芸術祭高知展 李明喜キュレーター)

展示は今月25日まで、高知市のかるぽーとで開かれます。16日(日)には、展示に関するトークイベントも行われます。