KUTVニュース

110日ぶりの2桁 新型コロナ 高知県内で12人感染確認

全国で感染が拡大する中、高知県内では新たに12人の感染が確認されました。感染確認の発表が2桁となるのは去年9月24日以来の110日ぶりとなります。

新たに感染が確認されたのは10代から70代までの男女12人です。5人の感染経路が分かっておらず、一人が酸素投与が必要な中等症となっています。12人のうち一人は今月7日に外国から帰国した男性で、飛行機の中で感染したとみられます。変異株の検査でオミクロン株の疑いがあるということです。このほか、これまでに感染が確認されていた男性2人も、オミクロン株とみられています。

県内の感染確認は4226人となり、受け入れ患者を含む13人が入院しています。病床の占有率は4.3%となっています。