KUTVニュース

技研製作所「世界への更なる挑戦を」

高知市の建設関連機器メーカーが、今年初めての出荷セレモニーを行いました。今月から海外の世界遺産にある運河の護岸改修工事が始まっていて、世界への更なる挑戦に意気込んでいます。

セレモニーを行ったのは、高知市にある建設関連機器メーカー=技研製作所です。初荷は主力商品の「サイレントパイラー」3台で、新潟や三重などの建設会社へ届けられます。サイレントパイラーは狭い場所でも作業できることが特徴で、技研製作所は今月から、オランダの首都アムステルダムの世界遺産にある運河で、護岸改修工事を行う予定です。

「これから気象変動や災害などがあり、いろんなところでサイレントパイラーの使い方の広がりが出てくると思う。当社の工法の適用範囲を広げていきたい。」(技研製作所 森部慎之助社長)

技研製作所は今年8月までにおよそ300億円の売り上げを見込んでいて今後さらなる海外展開を目指す方針です。