KUTVニュース

高知・いの町 「大国さま」で巨大絵馬

「大国さま」として親しまれている高知県いの町の椙本神社で恒例の巨大な絵馬が完成しました。新年の参拝者を迎える準備が進んでいます。

いの町の椙本神社では毎年、新しい年が良い一年になることを願って正月用の巨大な絵馬を作っています。今年は来年の干支「寅」が描かれた幅3.6メートル高さ2メートルの絵馬が完成し、お祓いが行われました。

絵を描いたのは県出身のイラストレーターで絵本作家の柴田ケイコさんです。

タイトルは「勇往邁進」。

新型コロナの感染拡大が落ち着き、少しでも前に進む年になってほしいという願いが込められています。

「明るく晴れやかな気持ちで年を始めてほしいので、見ていただいて、少しでも明るい気持ちになったらと思います。」(絵本作家・イラストレーター 柴田ケイコさん)

巨大絵馬は大晦日から1月30日まで飾られます。また元日から3日までは全国の神社から集めた絵馬が展示されることになっています。