KUTVニュース

二十四節季「冬至」ゆず湯で体もぽかぽかに

22日は二十四節気のひとつで、1年のうち昼の時間が最も短い「冬至」です。高知市の温浴施設では、ゆず湯のサービスが行われていて、訪れた人たちを楽しませています。

高知市北川添の高知ぽかぽか温泉では、訪れた人たちに楽しんでもらおうと、毎年、冬至の日に合わせてゆず湯のサービスを行っています。今年は100個のユズ玉が用意され、営業開始の午前8時から風呂に浮かべられています。

22日朝の最低気温は窪川と本川で氷点下の冷え込みとなったものの、ほとんどの地点で平年より高くなりました。

ゆず湯に入ると1年間風邪をひかないという言い伝えがあり、訪れた人たちはユズの香りに包まれながら、身体の芯まで温まっていました。

「湯加減は上等!満点!これとサウナが楽しみ」

「ゆず湯に当たったのは初めて。何十年もここへ来るけど香りがした、揉んだら」

高知ぽかぽか温泉では午前1時までゆず湯のサービスが行われます。