KUTVニュース

クリスマスまであと1週間 高知龍馬空港にサンタ登場

クリスマスまでおよそ一週間ですね。高知龍馬空港に17日、サンタが登場し、訪れた人たちを迎えました。

預かった荷物を先導するのは、サンタとトナカイが乗った手作りのミニトーイングカーです。クリスマスイベントは羽田と名古屋・福岡便を運航する日本航空が高知龍馬空港で20年以上行っています。毎年恒例となり、社員がサンタのコスチュームを着てイベントを盛り上げます。中にはこんなイベントも・・・

「カウンター前に置いてあるこちらのメッセージカードに願い事を書いて、この大きな靴下の中に入れるとフィンランドのサンタさんに届くんです。実際にサンタさん読んでもらえると思うとワクワクします。」

日本航空の飛行機で例年100枚ほどが届けられるというこのメッセージカード。17日も子どもたちがカードに願い事を書いていました。

「私は美容師さんになりたいのでサンタさんに夢を叶えてもらいたいです。」

さらに今月24日には、預ける手荷物にクリスマスデザインのタグが付けられるということです。

「この一年コロナウイルスの関係で不安に感じる日もたくさんあったとは思うんですが、このイベントを通してクリスマス気分やJALのおもてなしを感じていただきたいと思っております。」(日本航空高知空港所 旅客担当 弘嶋未来さん)

駐機場ではサンタの帽子をかぶった空港関係者が横断幕を持って出発する利用客を見送る光景も見られました。クリスマスイベントは今月25日まで開かれ、横断幕での見送りは24日と25日に実施される予定です。