KUTVニュース

高知・土佐市の中学生 伝統の手すき和紙で卒業証書づくり

高知県土佐市の中学生が伝統の手漉き和紙を使った世界に一つだけの卒業証書をつくっています。

およそ1000年の歴史がある土佐市の伝統産業・紙漉き。高岡中学校ではおよそ50年前から伝統を後世に受け継ごうと毎年、卒業を控えた3年生が手漉き和紙の卒業証書を作っています。今年は126人の卒業生が手漉き和紙の分野で「土佐の匠」に認定されている和紙職人の石元健昇さんに教わりながら1枚1枚丁寧に紙を漉いていきました。ほとんどの生徒が初めての体験で、卒業証書づくりを通して伝統の重みを感じていました。

「緊張しながらやりました。自分の卒業証書を自分で作れてうれしい。」(生徒)

「漉くときに結構力がいるので力を加えて揺らすのが難しかった。作るのが大変だったので和紙の作品なども見てみたいと思いました。」(生徒)

生徒たちは姉妹校である北海道江別市の中学校の卒業証書も作っていて、15日と16日の2日間でおよそ300枚の紙を漉くことにしています。完成した卒業証書は来年3月11日の卒業式で手渡されます。