KUTVニュース

高知・四万十市西土佐 山里を彩るイルミネーション

山里の夜を彩っています。高知県四万十市西土佐の四万十川に架かる橋のたもとで、色とりどりのイルミネーションが灯されていて、訪れた人たちを楽しませています。

日が暮れた午後5時過ぎ、飾り付けられたイルミネーションに明かりが灯ります。こちらは四万十市の北西部、西土佐津野川。四万十川に架かる「津大橋」周辺の住民たちでつくるグループがみんなに喜んでもらえればと20年余り前から、年末年始にイルミネーションを飾り続けています。活動には地区を活気づけようという思いも込められています。テーマは「夢と希望」。今年は、およそ4万5000個のLED電球が使われ、橋の欄干にも飾り付けられています。また“SNS映え”するように、ベンチを備えた光の馬車や人が近づくと回るメリーゴーランドなどの仕掛けも施され、訪れた人たちを楽しませています。

「楽しい!緑とかチカチカしゆうし、向こうへ行ってみよう。ちょっとカラフルになっているので…」

西土佐のイルミネーション点灯は来月中旬までの毎日、午後5時から10時まで行われます。